理念と歴史

理念と基本

地域で、共に生き、共に育つ

イメージ

  1. すべての人の尊厳、生きる権利を重んじ、障がいや疾病を理由とした人格の無視に反対する。
  2. 相手への思いやりを持ち、いじめをなくす。
  3. ハンデをもった人たちの存在の認識を広げる。保育園での障がい児と健常児と、共に生活することを通しておたがいに違いを受け入れ、父母、保育者共に育つことを大切にする。
  4. 障がい者が地域で安心して生活できるよう支援し、環境の整備に努力する。地域諸団体の行事への参加、地域、商店街との結びつき、連携に努力する。
  5. 利用者の特性・特技を生かす活動を通して、喜び・感動を共にする。子どもたちが、人への信頼、達成する喜びを通して、自分への自信(自己肯定感)を育てる。
  6. 障がい者への負担軽減に努力し、利用者の視点から制度の改善に向けて関係団体と連携して努力する。

歴史

年.月 内容
1973. 4 幼児通園施設(無認可)「なごみ園」開所
1981. 3 社会福祉法人なごみ福祉会認可
1981. 4 保育所「なごみ保育園」開所(スタート時60名定員・現在90名定員)
1982. 4 「 親と子の寺子屋でんでん虫の家」活動開始
1983. 4 留守家庭児ホール開設
1987. 4 でんでん虫共同作業所開設
1988. 4 生活ホーム開設(以後増設、2015年4月現在17ヵ所)
1994. 4 通所授産施設「多摩川あゆ工房」開設
1994.10 レスパイトサービス事業開始(現在の名称「ファミリーサポートやじろべえ」)
1997.10 地域療育等支援事業開始
2001. 4 ヘルパーステーション夢花開設
2006. 1 児童デイサービス・ドリーム開設
2006. 4 保育所「さぎ沼なごみ保育園」開所(定員120 名)
2006. 4 療育相談でんでん虫を法人公益事業に位置付ける
2011. 4 保育所「太子堂なごみ保育園」開設(定員112名)
2011. 4 夢花事業部開設(夢花工房を本場に、南生田、長沢地区の事業、生活ホームを包括)
2013. 4 北烏山なごみ保育園開園(定員120名)
2013. 4 太子堂なごみ保育園・分園「うめがおか」開園(定員54名)
2013. 4 「多摩川あゆ工房事業部」を「せせらぎ沿線事業部」に改名
2013. 4 子ども相談室でんでん虫(地域療育等支援事業)スタート
2014.12 障害者施設「ここから」開設
2016. 4 梅丘なごみ保育園 本園化(定員68名)

コメントは受け付けていません。


PAGE TOP