ご挨拶

 当法人の始まりは、1973年5月神奈川県川崎市多摩区生田の地に、谷口さんという一人のお母さんが、障害のある子も地域の中で共に遊ばせたいという願いから作られた「重度障害児通園の家」です。

 後に「共同保育所なごみ園」となり、8年間の無認可時代を経て、1981年(昭和56年)に社会福祉法人なごみ福祉会が設立されました。その契機となった一人のお母さんの願い「障害の有無にかかわらず地域の中であたりまえに生活する」を法人の基本理念としています。

 又、無認可時代に親の会、ボランティア、近隣の方々、職員とで問題解決にむけて話し合う中から、多種多様な考え方を尊重し、学び合う「共に生き、共に育つ」関係を大切にし、それが一つの理念となりました。

 共に生き共に育ち合うために、どうぞ皆さまの声を当法人にお寄せ下さい。

コメントは受け付けていません。


PAGE TOP