ご挨拶

IMG_8197法人活動の始まりは、1973年5月川崎市多摩区生田に、谷口英子さんというお母さんが、障害のある子も地域のほかの子どもと遊ばせたいという願いから自宅を開放して始めた遊び場作りからです。当時、障害のある子は保育園や幼稚園に入れてもらえませんでした。障害のある子はお母さんと家の中で過ごすしかなかった時代です。

当初、障害のある子だけの保育の場に徐々に地域の子ども達も参加して統合保育の場となりました。それが現在のなごみ保育園となりました。その後、法人は保育園を卒園した障害のある子が抱える課題に取り組み、障害福祉事業も拡大して行きました。

障害のある子を一人一人大事に育てる保育は障害のない子を大事に育てる保育に繋がります。私たちは障害のある人が活き活きと暮らせる社会は誰もが安心して暮らせる社会でもあると信じます。

これからも「障害の有無にかかわらず地域でともに」を法人活動の理念としていきます。この理念の実現は地域の皆さん、関係者の皆さんと一緒になって取り組む課題だと考えています。どうぞ、ともに。


理事長 飯島 克巳

コメントは受け付けていません。


PAGE TOP